私はパソコンの初心者なのですが
就労継続支援A型のbranch for proで働いています。

自宅でパソコンを使用することがあってもネットを眺めるくらいでした。

そんな私は今、作業所で仕事をしながら学習もしてwebクリエイターの資格も取得しようとしています。

HTML5を学習して最初の方に学んだものはタブキーのインデントをつけることです。

インデントとは空白のようなものです。インデントはとても便利です。

HTML5のソースコードを書く場合、これが意外と重要になってきます。

最初は文字列の最初にどのように空白を入れてよいかわからず悩みましたが講師の先生に教えていただき解決できました。

インデントを入れることによりソースコードが見やすくなります。

そんな中、HTML5と以前のHTML4.01を両方学習することによってわかったことがたくさんあります。

それは例えばHTML5の場合は

<!DOCTYPE html>

という一文だけでHTMLの宣言がされるのに対して

HTML4.01の場合は

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd”>

など長い一文を宣言しないといけません。ここで注意なのはHTML4.01の場合は色々なパターンがあるということです。

HTML5ではこんなに簡略化されているのに対してその昔は、こんなにまどろっこしいやり方をしなければならなかったのです。

私はいい時代に生まれたなと感じました。世の中どんどん便利になっていく象徴としてもHTML5は秀でていると思います。

HTML5を学習していると思っているより覚えることは少ないです。

パソコン初心者でもきちんと理解してリファレンスなどを見ればソースコードを書くことが可能です。

またHTML4.01ではCSSをHTML本文内にコードを書くことも多いようです。

私はHTML5とCSS3を別々に書いて学習していたのでちょっとした驚きでしたがHTML5でもソースコード内にCSSを書くことが可能なのです。

私はこれを最初は信用していませんでした。

しかしHTML4.01の学習教材を使用して試しにHTML5内でCSSを書いてみるとばっちり効いていました。

こんなことってあるのだなと感心しました。

HTML5ではすごく簡略化されてる上に前のバージョンでできていたことまでできるなんて

なんて便利なんでしょう!

HTML5でのブラウザゲームを作ることも最近は巷で流行っているそうです。

今からでも遅くはありません。

HTML5やってみようかな?とお考えのあなた。やってみる価値ありますよ。

スマホとは違うパソコンを学習したいならHTML5はおすすめのパソコンプログラミングです。

なんといってもスマホで見れる画面がHTML5で作れてしまうのです。

ちょっと人よりパソコンにかじりたいならHTML5は、思っているより人に優しいプログラミングです。